内臓脂肪ダイエット

内臓脂肪型肥満の診断基準を知っておきましょう。

 

肥満には2つのタイプがあり、内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)と皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満)があります。

 

内臓脂肪型肥満は、内臓の周りに脂肪がついてしまい、リンゴのようにお腹が出てしまうので、リンゴ型肥満とも言われているようです。

 

皮下脂肪型肥満は、下腹やお尻、太ももなど下半身に脂肪がつき、いわゆる下半身太りで洋ナシ型肥満と言われるようです。

 

皮下脂肪型肥満は見た目で判断できますが、内臓脂肪型肥満は内臓の周りの脂肪ですから、外から見ることができませんので、肥満とは判断しにくい場合があるんですよね。

 

痩せているのに数値的に肥満と言われている方もいますし、内臓脂肪型肥満は隠れ肥満とも言われているようです。

 

内臓脂肪型肥満の診断基準は、まずは腹囲です。

 

おへその高さぐらいでお腹の周りを測定して、判定します。

 

男性の場合は85センチ以上、女性の場合は90センチ以上であれば、内臓脂肪型肥満と診断されるようです。

 

お腹周りの測定であれば、家でも自分でできますし、自分の体を知る意味でも定期的に測定することをおすすめします。

 

また、病院でCTスキャンを受けると正確に知ることができます。

 

CT撮影による内臓脂肪型肥満の診断基準は、男女とも100センチ平方メートル以上の場合、内臓脂肪型肥満と診断されるようです。

 

腹囲はひとつの目安にはなりますが、中が見えませんので、まずは腹囲を測定し、たとえ数値を超えていなくても、それに近い数値になっている場合は、病院での精密検査を受けてみてください。

 

内臓脂肪は見えないだけにわからないですし、自覚症状もないので、どこをどうもって判断していいのかわからない部分でもありますよね。

 

ぽっこりお腹と言っても、まさか内臓脂肪が蓄積されてきているとは、自分では思いませんよね。でも、そこが恐ろしい部分でもあるようです。

 

内臓脂肪型肥満と診断され、そこにプラスして高血圧、高血糖、糖質異常のうちのいずれか2つ以上になると、次はメタボリックシンドロームの診断基準となってしまいます。

 

メタボという言葉をよく耳にしますが、メタボ=太っているの代名詞、と私も思っていたのですが、それは大きな間違いのようです。

 

メタボリックシンドロームは、別名内臓脂肪症候群とも呼ばれており、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病、高血圧症などの命にも関わってくる危険な病気を引き起こす可能性が非常に高くなるそうです。

 

内臓脂肪型肥満はその前段階となりますし、そのまま放置していくと、ゆくゆくはそんな病気へとつながっていくかもしれないと思うと、怖いですよね。

 

内臓脂肪型肥満の診断基準としてのひとつ、お腹周りに肉がついてきたら要注意ととらえ、日頃から気をつけていきましょう。

 

グリーンベリースムージーもダイエットに効果的です

 

グリーンベリースムージーの詳細はコチラから

内臓脂肪が増えてしまうその原因とは?

 

内臓脂肪とは、お腹の中の内臓の周りにつく脂肪のことです。これが増えると、糖尿病、高脂血症や高血圧症といった生活習慣病を引き起こす原因にもなり、注意しないといけません。特に・・・

 

続きを読む >>

 

内臓脂肪の増加は、糖尿病を引き起こす危険性があります。

 

肥満になると見た目の体型はもちろんのことですが、いろんな病気を引き起こす恐れがあることはご存知ですよね。体脂肪の中でも、内臓脂肪のつきすぎに注意なんです。見た目は太って見えないのに・・・

 

続きを読む >>

 

効果的な内臓脂肪の落とし方とは?

 

内臓脂肪は、胃や腸などの内臓の周りに付く脂肪のことです。年齢が増すごとに増えやすくなると言われており、運動不足と過食が主な原因のようです。内臓脂肪が蓄積すると・・・

 

続きを読む >>

 


[↑]このページの先頭へ | トップページに戻る [→]