内臓脂肪ダイエット

内臓脂肪を減らすには、お酢も効果的なんです。

 

体に良いと言われているお酢ですが、お酢には疲労回復、食欲増進、血糖値の上昇抑制、そして、内臓脂肪の減少という効果があるようです。

 

お酢の主成分の酢酸に脂肪の燃焼促進を誘導するような働きがあり、毎日、摂ることで内臓脂肪や皮下脂肪を減少させてくれるそうです。

 

お酢を調味料として使ったり、ドリンクとして摂取することで、内臓脂肪を減らすことができるそうですよ。

 

内臓脂肪って外見からはわからないですし、自分で確かめられないので、どれくらい蓄積しているのかわかりません。

 

体が細くて痩せているからといっても、内臓脂肪がたまっている可能性があるので、気をつけないといけないですね。

 

しかも、脳梗塞や生活習慣病などの原因につながる可能性が高いと言われており、健康のために減らす、または増やさないことを考えていきましょう。

 

内臓脂肪を減らす食材として、お酢の摂り方ですが、1日の摂取量の目安として30cc程度(大さじ2杯程度)ぐらいを、酢の物やマリネなど、食事で摂ったり、お酢ドリンクとして飲むといいようです。

 

ただし、ドリンクとして飲む時は、飲むタイミングに注意です。お酢には食欲増進効果もありますので、食前に飲んでしまうと、余計に食欲が出てしまいます。

 

飲むタイミングを間違うとまさに逆効果になってしまいます。ですので、食事中や食後がいいそうですよ。

 

お酢を原液のまま摂ると、喉や胃を痛めますので、必ず希釈して薄めて飲んでくださいね。

 

でも、お酢がいいと言っても、飲みにくいものですよね。

 

毎日摂るのに、お酢ドリンクは効率的ではあるのですが、はじめは飲み方で悩みました。

 

そこで思いついたのが、市販されているものでリンゴ酢ドリンクってありますよね。

 

スーパーやコンビニなどでも見かけますし、飲んだこともあり、飲みやすくおいしかったですので、お酢をリンゴジュースで割ってみました。

 

飲みやすいですし、これなら毎日飲めると思いましたよ。お酢を飲むのが苦手だと思われる方は、一度試してみてください。

 

お酢にもいろんな種類がありますよね。

 

黒酢、純米酢、米酢、穀物酢、リンゴ酢などありますが、酢酸の量はあまり変わらないようですので、効果の違いはないとか。

 

毎日、摂り続けることの方が大切ですし、効果がありますので、自分の好きなお酢を、自分の好きな方法で摂ることが一番だと思います。

 

また、お酢はいくら摂っても摂り過ぎるということはないようです。

 

内臓脂肪を減らすためには、どんなお酢でも効果がありますので、ぜひ、自分の好きなお酢を見つけて、工夫してみてください。