内臓脂肪ダイエット

内臓脂肪を減らす漢方薬もあるんですよ。

 

内臓脂肪がたくさんついている方は、肥満症の方だけでなく、痩せている方でもいらっしゃるそうです。

 

日々の生活習慣による乱れや食生活、運動不足やストレスが引き起こしている場合もあるそうですよ。

 

そんな方も注意していかないといけないですが、明らかに外見から見て、お腹が出ていて、お肉がたっぷりとついている方は更に注意です。

 

いわゆるメタボリックシンドロームと呼ばれているもの。

 

そして、動脈硬化や高血圧、心筋梗塞などの病気を引き起こしてしまう可能性が高く、重大な病気の原因となってしまうので、最も気をつけないといけないですよね。

 

そんな内臓脂肪を落とす方法として、健康的な食事をとることと適度な運動を日々心がけることが一番にあげられますが、内臓脂肪に働く漢方薬もあるようです。

 

ただし、漢方薬は決して即効性のあるものではないですので。

 

内臓脂肪を減らす代表的な漢方薬は、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)と九味半夏湯加減方(くみはんげとうかほう)というものがあります。

 

防風通聖散は、普段は便秘やむくみ、のぼせるなどの症状に服用する漢方薬のようですが、内臓脂肪を落としてくれる働きもあるそうです。

 

軽いウォーキングなどの有酸素運動をしながら、平行して使うのが効果的のようですね。

 

九味半夏湯加減方は、体の新陳代謝を促進して、活発にする作用があり、血液や体内の水分の循環を良くしてくれるそうです。

 

もともとは、胃腸の弱い方や冷え症の方、その他、余分な脂肪が付いたぶよぶよした体型の方が服用されている漢方薬のようです。

 

胃の調子を整えてたり、内臓機能を高め、過食してしまってたまった脂肪を落とすのを助けてくれる働きがあるので、内臓脂肪を減らすのにも効果があるんですね。

 

漢方としては、血液の流れを改善し、内蔵脂肪を落とすという考え方のようです。

 

もちろん、漢方薬だけでも効果はあるようですが、さらに効果を上げるためには、バランスの良い食事をと適度な運動した方がいいということがよくわかりますね。

 

漢方薬を飲むだけで内臓脂肪が減る、痩せるとは考えない方がいいと思います。

 

漢方薬だけで内臓脂肪が減らせるなら、こんなに苦労はしないですよね。

 

あくまでも補助的な役割として服用することをおすすめします。

 

漢方薬は体質を改善しながら、体の機能をよくしていくことが一番の目的とされています。

 

ですので、その人によって効き目も異なりますし、自分の体質や症状など、しっかりと病院でお医者さんに診断の上、処方してもらうのがいいです。

 

市販されているものもありますが、自分に適している漢方薬をお医者さんや専門の方に相談してみることから始めてみてくださいね。