内臓脂肪ダイエット

内臓脂肪を減らす運動として水泳が効果的です。

 

内臓脂肪は、体脂肪の中でも内蔵の周りについてしまう脂肪のことで、増えてしまうと高血圧や糖尿病、心筋梗塞を引き起こしてしまうなど、あらゆる病気の原因にもなってしまうそうです。

 

でも、内臓脂肪はつきやすく落としやすいという性質もありますので、日々の食生活の改善と運動で減らしていくことができるんです。

 

内臓脂肪を減らす運動としては、有酸素運動がとても効果的と言われています。

有酸素運動と言えば、ウォーキング、ジョギング、エアロビクス、水泳などがありますよね。

 

内臓脂肪を燃やすためには、この水泳が効くようですね。

 

水中での運動は地上での運動よりも、約2〜3倍脂肪燃焼してくれるそうです。

 

泳ぐと必然的に呼吸をしますので、有酸素運動となり、さらに脂肪燃焼効果も期待できますが、水の中にいるだけでも効果があることをご存知ですか?

 

私も知らなかったのですが、水中の温度は体温よりも低いため、体が冷たいと感じ、体温を維持しようとするので、カロリーを消費するそうです。

 

水中は圧力(水圧)がかかりますので、ウォーキングするにしても、地上とは異なり、歩きにくく、運動量が増えるから燃焼されやすいのだと思っていました。

 

まさか、水中にいるだけで脂肪が燃焼されるなんて思ってもいませんでした。

 

それだけでも効果があるということなら、内臓脂肪を減らすのに水泳をするというのはかなりの期待ができるといういことですね。

 

でも、水泳と言われても私もあまり泳ぐことができませんし、苦手な方もいらっしゃいますよね。

 

長い距離や長い時間、泳ぐことなんてできませんし、もともと好きではないので、私は呼吸や筋肉を意識しながら水の中でウォーキングしていました。

 

水圧が良い具合で抵抗となり、力が入りますし、歩いているだけでも体が温まってきたり、汗が出てきて、燃焼しているのを感じます。

 

水圧は体に圧力をかけることで、マッサージ効果もあるようですし、血行を良くしてたり、老廃物を出すのを助けてくれるようです。

 

また、水中では浮力が働くため、足や膝、腰に負担がかかることがないですし、長い時間でも歩いていられるんですよね。

 

地上でこれだけ歩くのはちょっとしんどいかもしれませんが、気持ちいいのでいくらでも歩けてしまいます。

 

地上で運動するよりも、水中で運動するほうがいろんなメリットがあるのですが、問題は場所ですね。

 

ウォーキングなら散歩がてら、いつでもどこでも歩くことができますが、プールやジムなど、どこかの施設でなければできないので。

 

物理的に難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、もし近くに施設がある方は、これを機に始めてみるのもいかがでしょうか。

 

 

内臓脂肪を減らすには、まずは便秘解消から。

 

内臓脂肪がたまると、便秘を引き起こしてしまうことをご存知ですか?小腸や大腸が脂肪に圧迫されてしまい、うまく便が通らなくなってしまうようですよ。便秘になると、お腹がはり・・・

 

続きを読む >>

 

内臓脂肪を減らす漢方薬もあるんですよ。

 

内臓脂肪がたくさんついている方は、肥満症の方だけでなく、痩せている方でもいらっしゃるそうです。日々の生活習慣による乱れや食生活、運動不足やストレスが引き起こしている場合も・・・

 

続きを読む >>

 

内臓脂肪を減らすには、お酢も効果的なんです。

 

体に良いと言われているお酢ですが、お酢には疲労回復、食欲増進、血糖値の上昇抑制、そして、内臓脂肪の減少という効果があるようです。お酢の主成分の酢酸に脂肪の燃焼促進を誘導するような働きがあり・・・

 

続きを読む >>

 

内臓脂肪を減らす食事を考えていきましょう。

 

肥満、そして、内臓脂肪の増加は、食べ過ぎと運動不足が代表的な原因と言われています。食生活についても見直しが必要かもしれませんね。まず、今の自分の食事を一覧に書き出し・・・

 

続きを読む >>

 


[↑]このページの先頭へ | トップページに戻る [→]